HOME > 先輩インタビュー一覧 > 先輩インタビュー 大島 友梨亜

先輩インタビュー

営業部
営業2課

大島 友梨亜

この会社を選んだ理由

私は最初派遣社員としてこの会社に入りました。もともと人と話すことが好きで、人対人のお仕事がしたいと思い、営業職を希望しました。面談で業務内容や取引先のお話を聞く中で、他社では携わることができない業務が沢山あると感じたため、是非この会社で働き、幅広いお客様の役に立ちたいと思いました。

わたしの仕事内容

私が所属する営業部は、いわばお客様と当社の担当部署との架け橋です。お客様のお困りごとなどをお聞きし、社内の担当部署と連携し解決に向けて一緒に考え工事をご提案しています。お取引先は、鉄道を始めとした交通事業者・空港・ホテル・ビルなど、様々な業界にわたっています。その中で私は主に電気設備工事の営業を担当しています。電気設備工事には、設計担当、現場監督、施工担当など多くの人が関わります。私が担当する仕事は、お客様からの依頼内容を担当部署に伝える、そこでアドバイスを貰う、設計・積算、施工をしてもらうなど多くの部署との連携で成り立っています。沢山の人の努力があって、一件の仕事が成し遂げられていることを実感できる部署です。

この仕事の大変さ・醍醐味

この仕事をしていて一番嬉しい瞬間は一つの工事が竣工した時にお客様から「ありがとう」の言葉をいただけたときです。工事に向けて提案を進めていく中で、時にはお客様のご要望に対して自分が思うように進められない時もあります。担当部署の方に無理を言わないといけない時もあります。担当部署が一生懸命に考えた案がお客様の希望には合わなく辛い時もあります。しかし、沢山の人の苦労があったことを知っている工事こそ、竣工時には達成感がありますし、感謝の言葉を頂けた時の感動は大きいです。

名鉄EIのここが好き

人が温かいところです。これは自信を持って言えます。入社から4年がたった今でも人の温かさを感じています。困っているときは部署も関係なく、誰からともなく助けてくれて、どれだけ忙しくても、手を差し伸べてくれます。ある時、打ち合わせに出た専門用語が理解できず社内の方に聞いて回った際に、嫌な顔ひとつせずに皆さんが協力してくれたことを今でも覚えています。時にはプライベートの話だってします。仕事をしていれば辛いと思う瞬間は必ずあると思います。でも、そんな時に助け合える環境が会社中にあると感じています。

先輩インタビュー一覧へ戻る