HOME > 先輩インタビュー一覧 > 先輩インタビュー 石川 文基

先輩インタビュー

鉄道工事事務所
信号工事センター

石川 文基

この会社を選んだ理由

幼い頃から鉄道が好きで、鉄道に関わる仕事をしたいと思っていました。名鉄EIは名古屋鉄道に限らず、様々な鉄道会社の仕事を手がけています。好きな鉄道に関わることができ、多種多様な設備に触れることもでき、毎日楽しく仕事ができるかなと思い、この会社を選びました。

わたしの仕事内容

鉄道の信号保安設備の設計・積算を行っています。普段はCADを用いて工事図面の作成、工事予算の積算、設計図書の作成などを行っていまが、設備の調査のために現場に行くこともあります。
鉄道の信号保安設備は、鉄道の安全・安定輸送の根幹を担っているものです。一口に信号保安設備と言っても、信号機・転てつ機・踏切保安設備など、幅広い設備があり、その分覚えることも多くて大変ですが、日々勉強しながら業務をこなしています。

この仕事の大変さ・醍醐味

鉄道信号設備は、ひとつミスを犯すと列車に遅延が生じるなど、施主だけでなく鉄道を利用するお客様にも多大な迷惑をかけることになります。さらに、フェイルセーフ(※)を超える状況が発生してしまった場合は、列車衝突事故や踏切事故にもつながる可能性があるため、その責任は重大です。
それだけに、自分の携わった仕事が無事に終えることができたとき、その達成感は計り知れないものがあります。
※誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に安全側に制御すること

名鉄EIのここが好き

個性豊かなメンバーが揃っています。にぎやかで和気あいあいとした雰囲気で、毎日楽しく仕事をしています。自分の知識を気さくに教えてくれる人が多いので、職人気質な雰囲気はほとんどありません。また、総務課が行っている個人面談やGRIP活動(社内交流会)など、自分の思っていることを吐き出したり、意見を言う機会もたくさんあるため、職場の風通しはかなり良いと思います。教育面でも2年次・3年次の技術研修のほか、10年、20年になるとさらに高度な研修があります。ちなみに尊敬している先輩は30年目の大ベテランです。

先輩インタビュー一覧へ戻る